葬儀にかかる料金と内容

人が亡くなりますと、葬式が執り行われます。宗教や式の会場、規模などによって費用も大きく変わってきます。全国平均は約200万円と言われていますが、この4倍をかけた大葬儀もあれば、身内だけでひっそりと送りだす家族葬などの20万円ほどもあります。お金をかけるもかけないもやり方次第ですが、年々減少傾向になってきています。

葬儀にかかる経費には、葬儀一式の料金、寺院にかかる料金、料理代、返礼品代があります。葬儀一式は、遺体の搬送費を含めお葬式を執り行うために必要な物や人、会場にかかる経費になります。この葬儀一式費用が最もかかり、ここにかける経費によって全体の支出が大きく変わってきます。寺院料金は宗教によって違ってきますが、一般的な仏式の場合は、読経料や戒名料など寺に払うものになります。

戒名は、仏の弟子として付けてもらう名前です。この名前に使われる文字によって料金が変わり、よく付けられる信士、信女は5~10万円となっています。料理は、お通夜、葬式などの参列者にふるまう食事や飲み物を用意します。料理のランクや参列する人数によって、経費は違ってきます。

参列者に渡す会葬返礼品は、1000円~3000円ぐらいのお茶などが多く利用されています。この返礼品費用も、参列者の人数と単価によります。コンパクトに執り行っても、葬式にはお金がかかりますから、少子高齢化になってきた今では、遺骨の埋葬だけで済ます方も増えています。葬式を行う前に、執り行う会場と話し合い、予算を出すことが重要となります。

総予算内で全てのことが行えるように、それぞれの単価を調整していかなければなりません。予算には、参列者から頂く香典の収入も考えて立てるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*