樹木葬の基礎知識と注意点

樹木葬は自然葬のひとつです。しかし、粉骨を海等にまく散骨とは違い、行政の許可をとった霊園や墓地に遺骨を埋葬します。墓石ではなく墓碑は樹木で、自分の死後を自然にかえり安らかに永眠したい人が選ぶ葬儀です。樹木葬は永代供養で、宗派にこだわることはありません。

現代の日本の社会は独身者、核家族が増えています。お墓を持つことで兄弟等の親戚に面倒をかけたくない人も多くなっています。墓地を購入し、墓石を建てる費用は200万円から300万円かかることになり、経済的にも大きな負担になります。樹木葬は30万円から70万円と安くなります。

年間の管理費用も不要な墓地や霊園もあり、使用料の心配もありません。自然を生かした現代的な葬儀の仕方といえます。樹木葬ができる場所はふたつに大きく分けることができます。ひとつは自然を生かした里山型とよばれるもので、里山の墓地です。

もうひとつは公園型とよばれるもので、霊園を区画分けしたものです。庭園を造り上げし、ガーデニングタイプの公園型タイプのものもあります。樹木葬選びの注意点は墓地や霊園ですから、家族がいる人の場合はお墓参りに行きやすく、交通の便がよい場所を選ぶようにすることが大切です。自分自身の希望で美しいところで墓地や霊園を選ぶことはリスクになりデメリットにもなります。

家族と相談し、納得のいくような墓地、霊園をさがすようにします。ゆっくり自然の中で眠りたいと希望し、配慮した墓地選びが重要です。喪服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*