最近の葬儀の傾向とは

家族の数だけ葬儀の形もあるわけですが、最近は全体的に小さめで質素に行われる事が多くなりました。以前のように立派な葬儀をあげようというのとは反対で、無駄な費用や迷惑をかけずに行おうという人が増えているのです。本当にシンプルな内容だと、直葬という火葬のみを行う形もあります。仏教であればこの時にお寺の方にお願いをしてお経をあげてもらうこともできます。

無宗教で行うのであれば、それでも可能です。それぐらいシンプルにしたいとか、または高齢のため知人も殆どいなくなっているという場合に選ばれる事が多いです。それに、家族葬も多く見かけます。その名の通り家族だけで式を執り行います。

家族以外にも近しい人を呼んで行う事もありますし、その後に他の人も読んで葬式をするという事もあります。一般の葬儀だとどうしても慌しく式を行う事だけに終始してしまうため、個人ときちんとお別れをしたいという時に選ばれます。葬儀に関する考え方も、社会の中でどんどん変化をしてきています。なるべく費用は抑えたい、家族だけで行いたい、いろんな希望があります。

事前にどんな風に行えばいいのかと言うような相談を受け付けているところもありますので、自分自身の最後を考えるのであれば一緒に良く考えてみるといいでしょう。葬儀と言ってもやはり家族が満足できる形で個人を見送る事ができるようにするのが一番です。しっかりと皆で考えて、とり行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*