葬儀の流れを大まかに掴む

近しい人が亡くなるというのは本当に悲しい事です。けれども、悲しいと言ったままその時を過ごすわけにはいきません。どんな家庭でも何度も行う事ではありませんから、慣れなくても当然です。葬儀の準備など必要な事を随時滞りなく済ませていくには、大まかでも流れを掴んでおきましょう。

近年は小さめの家族だけで執り行う事も増えてきています。事前の準備としては、まず葬儀の規模を決めます。形式も宗教によって違いますから、これも決めておかなくてはいけません。遺体をどこに安置しておくのか、場所も確保しておくようにしましょう。

実際の式をどこで行うのか、場所も大体でいいので決めておくといいでしょう。場合によっては亡くなった人がこうして欲しいと式の形式を指定していたりする事もありますので、その場合にはそれになるべく沿うようにしてみて下さい。後は予算を決めてどの会社に依頼するのかを決める事になります。宗教によって流れは多少変わりますが、危篤の連絡が着たら近親者に至急連絡を取っていきます。

病院または自宅など、どこでなくなったのかを確認してから診断書や届出を出し、納棺をしたりしながら通夜や葬儀の準備をしていきます。悲しく思っていても全て一通り終わらせなくてはゆっくりと悲しみに浸る時間もありません。何をしたらいいのか分からずに困ってしまう事の方が多いですが、家族みんなで力を合わせて葬儀を執り行い悲しみを乗り越えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*