家族葬という葬儀の方法について

家族や親族、親しい友人など、多くても30人程度の規模で行う少人数の葬儀のことを「家族葬」といいます。家族葬は、対外的に告知をすることなしに行われる葬儀であるため「密葬」とも呼ばれています。家族葬は、もともとは、正月や繁忙期などの人が集まりにくい時期に人が死んだ場合に、とりあえず身内だけ簡単に葬儀を行い、その後であらためて本葬や社葬をする場合に限りおこなわれるものでしたが、現在ではそのようなケース以外にも様々な理由で行われています。現在、家族葬が行われる理由には、生前に故人が葬式を公にしないでほしいという希望を表明していた、という場合もありますし、近所や会社関係に知られたくない事情がある、または、経済的な理由で大きな葬式ができない、という場合もあります。

家族葬では、葬式が終了するまで故人の死亡を周囲には告知しません。身内だけですべてを終えて、そのあとに関係者・知人に死亡通知を出して葬儀を行った旨を書き記します。家族葬は葬式の内容や式次第などに特に決まりがあるわけではないので、宗教的な儀礼を営まずに無宗教で行うことも可能なのですが、実際には仏式で行われる場合が非常に多いようです。また、通常のお葬式より費用がかなり割安になるという点以外にも、少人数の葬儀であるため、会葬者に気兼ねすることなしにゆっくりと時間をかけて故人と最後のお別れをすることができるという点が家族葬のメリットであるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*