iPhoneXも性能の優位性は高いと予測されます

iphoneの新シリーズであるiphone8と共に、iphone7の改良版である、iPhoneXが今年中に発売されると予測されています。
あくまで、証券アナリストやファンの予測であり、iphoneに関しての公式発表はまったくありませんが、オンライン上や一部の雑誌などでは、iPhoneXが今年中に発売される可能性は、極めて高いとしています。

iPhoneXの機能や外観が、どのようなものになるのか分かりませんが、iphoneにはライバルとなるアンドロイドにはない、大きな優位性があり、それは維持されると推測されています。
まず、iphoneはバックアップすることが非常に容易であり、古いデータを失いにくくなっています。



データをクラウドに保存することができるので、iphoneが修復不可能なほど損傷したり、仮になくしてしまったとしても、新しいiphoneにクラウドからデータを移せば、すぐに復元できます。

また、アプリもiphoneの方が種類が多く、新作のリリース日も早い傾向があります。

特に、ゲームアプリに関してはこの傾向が顕著であり、アンドロイドでは遊べないゲームでも、iphoneで使用できることがあります。これらの傾向は、iPhoneXでも変わらない可能性が高いです。


iPhoneXに関しての公式発表はまったくありませんが、iphoneシリーズには熱狂的なファンが多く、iphone8と共に、大きな売り上げ高を達成する見込みが強いです。
iPhoneXは、2017年9月以降に発売される見通しの新しいモデルです。
iPhoneXシリーズは、4.7インチと5.5インチの2モデル体制になるという予想もありますが、確実なことは不明です。
一方で、iphoneのPlusシリーズで採用された5.5インチより、大きいサイズになるという情報も見られます。



また画面は大きくなっても、本体のサイズは変わらないとも考えられます。

つまり有機ELを搭載することによって、本体のギリギリまで、画面を大きくすることが技術的には可能です。



今、発売中のiphone7は高品質の機種で、並列作業もスピーディに行え、ゲームアプリの起動時にトラブルを起こすこともありません。そのiphone7の機能をはるかに超えると予想されるiPhoneXであれば、アプリゲーム中に落ちる心配もなくなります。

その他、iPhoneXは優れた防水性能を持つ予定です。
iphone7も日本工業規格の国際電気標準会議で決められている保護等級7級というハイレベルな性能ですが、これはiOSでは初めてです。

またiphone7では高い防水性を実現するために、イヤフォンジャックを廃止しているのが特徴です。

従ってiPhoneXでも、通常のイヤフォンを使うことはできず、Bluetoothによるワイヤレスイヤフォンを利用することになると考えられています。

ワイヤレスのイヤフォンなら外出先でも便利です。