iPhoneXのホームボタンの効果

iPhoneXは様々な機能を含んだiPhoneの新機種として注目されていますが、ホームボタンを持つ最後のiPhoneとしてもその注目を集めています。


次世代のiPhoneは全面に液晶パネルが配置されホームボタンはその液晶パネルの中に配置される形となるため、これまでのような使い勝手ではなくなるというのが大方の予想です。
ソフトスイッチが採用され、アプリケーションの動作状態によっては使用できなることも考えられるため、万が一アプリケーションがフリーズした場合などにどこまで従来のように使用できるかが大きな課題となっています。
iPhoneXもiphone7同様、ホームボタンは従来のようなメカニカル出出崎ではなくタッチセンサーになっています。



そのためホームボタンが廃止され液晶パネルの中に配置された場合であってもその使用感は変わらないと言う人も多いのですが、ソフト制御によって利用する時だけ現れるボタンと、常に物理的に存在しているボタンとは操作性において大きな違いがあります。そのためiPhoneXは従来通りのiPhoneをの使用感をもっているものとして大きな注目を集めているのです。


しかし、iPhoneXにはこれだけではなく、様々な新機能も多数導入されています。



ワイヤレス充電や高精細ディスプレイは現代のスマートフォンにおいて非常に利便性の高いものとなるため、iPhoneXは従来のiPhoneの使用感をそのまま継承しているだけではなく、新しい時代に必要なスマートフォンとしての機能も十分に網羅されている点が特徴です。



iPhoneXは2017年9月下旬に発売されるのではないかとされています。iPhoneXは4.7インチと5.5インチの2つのサイズが出され、iphone8として5.8インチが出されると予想されているのです。
防水機能が強化され、防塵機能が加わるということもあり、海水浴などにも持っていきやすくなるでしょう。iPhoneXの本体がすべてガラス製になるようなので、これまでのとは大きく変わってくる面もあるといえます。
iPhoneXの画面から有機ELが採用されるので、より美しい画像を楽しめるようになるのです。レッドが新色として登場するともいわれており、今までになかった選択ができるようになるでしょう。
3GBのメモリを搭載するとされていて、より実用的になってくるといえます。

USB-Cという次世代の接続端子を搭載するのではないかと注目されています。

Macbookではすでに採用しているのでもしかしたらと期待する声が上がっているのです。


ワイヤレス充電が搭載されて、充電の方式がこれまでと変わっていろいろ選択できるようになるとされています。急速充電にも対応するような流れになってきているため、充電に対してストレスを感じなくなることでしょう。

虹彩認証といわれる目での認証方式も搭載されて、よりセキュリティの面でも強化されていくだろうと考えられています。

ゲームなどで話題になっているVRにも対応していくので、今までできなかった楽しみ方ができるのではないかと期待されているのです。