今後の葬儀の料金はどうなっていくのか

日本という国は葬儀に対して支払う費用がかなり高額であるとして知られています。比較的質素な式であっても数十万円、全体を平均して見ると200万円ほどが一回の葬儀に支払われているわけですから、それがもたらす料金の負担はかなり大きいと言わざるを得ないのが現実です。しかしこうした状況は、一部の業者にとっては「ビジネスチャンス」としても捉えることができます。そのため今後の葬儀の料金に関しては、かなり「安くなっていく」というように見ることができるのです。

ではどうして料金が安くなるのかというと、最も大きいのがスーパーマーケットチェーンなどが葬儀業界に参入する意思を表明してきたことです。国内最大手と呼ばれるようなチェーンの一部では今後の事業の展開にあたってこうした冠婚葬祭を視野に入れていくことを明言していますから、全国規模で事業を展開するチェーン店が、薄利多売というような形でサービスを提供していけば、いわゆる「価格破壊」と言ってもよいような状況が発生する可能性は十分にあります。これに対して日本国内で既に業界に参入していた業者は「葬儀のビジネス化だ」という批判をすることもありますが、高額な戒名料を請求したり数十万円の「こころづけ」を暗黙の了解にするなど、そもそものことを言えばビジネス化は「お互い様」だと言ってもよいでしょう。こうした流れはいわば必然のものであったとも言えるのですが、今後十年以内には平均料金が下落していくことも十分にあり得るようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*