葬儀にかかる料金から一日葬を考える

葬儀はたくさんのお金がかかります。年金や退職金を切り崩しながら生活している場合なら今後の生活の見通しをたてるためにも少しでも出費を減らしたいと切実に思ってしまうものですし、だからと言って火葬だけにするのもためらわれるものでしょう。料金を少しでも安く済ませたいという事情ときちんと故人を天国に送ってやりたいという気持ちもあるという遺族の方の意向に最もかなったスタイルとして生まれたのが一日葬です。一日葬では通夜を行わずに告別式と火葬だけで済みますから、最低限の料金で済ませられます。

通夜がありませんから、参列客の為に用意しなくてはいけない飲み物や食事、返礼品なども一回分節約できます。ちなみに、費用が軽減されるのは遺族だけではありません。葬儀に参列する人たちの中には遠方からはるばる駆けつけてくる方がいますが、距離が遠いと交通費もかかりますし、ホテルの宿泊に料金がかかります。一日葬なら日帰りが可能ですから、参列者の経済的な負担も大幅にカットできるのです。

一石二鳥でもあります。注意しておきたいのが、葬儀場を借りる場合には前の日から一日葬の準備をするので二日分借りなくてはいけないということです。通夜をしなくても二日分借りるので、その葬儀場によっては二日分の料金が請求されてしまう場合もあります。それでも、遺族の精神的な消耗が少なくて済みますし、忙しいスケジュールの人でも参列しやすいというメリットもありますから、これからこの一日葬を選ぶ遺族も増えていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*