自然葬 法律の守られた葬送の形

遺骨を完全にパウダー状にして撒くことを散骨といいます。散骨自体は、違法なことではありませんが、その場所の指定があります。ただ、パウダー状の遺骨は、もし撒いたとしても、見つかることはないといえますから、撒いたことがばれなければ良いと言う邪な考えがある方もいらっしゃるかもしれません。自然葬は、本来なら故人の好きな場所にパウダー状の遺骨を撒いてもらったほうが幸せです。

その場所が違法地帯だとしても、故人の自己満足は満たすことができますし、遺族としても満足です。しかし、それは自己中心的な行動として、何処でも良いかに撒いて良いという法律は存在しません。自然葬というのは、遺骨を自然に返すということの意味合いと、宗教に縛られない自由発想な葬送の形といえます。墓信仰の日本においては、常識破りといえることですが、現在は一つの葬送の形として確立されています。

ただし、どこでも良いのではないということです。墓地にしても、どこにでも建てることができず、墓苑を経営するにあたっても、様々な許可証などが必要とされています。故人に関することがらに関しては、最後まで失礼のない形をとることは人間の常識範囲内のことといえます。法律違反のなんちゃって自然葬や規則を破る身勝手な行動をとることは、故人を冒涜していると言えるでしょう。

ですから、あくまでも社会通念上の行動として、不謹慎、違反行為がないよう規則に則った行動での自然葬をしなくてはならないといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*