自然葬とはどのようなものか

自然葬とは、お墓にではなく海や山や森などへ遺体や遺灰を返すことをいいます。個人の遺志とそれを尊重する家族の思いによって自然の中に埋葬して、自然という大きな輪の中に戻っていく事を意味しています。もともと日本人の死生観の中には、自然に生まれて、自然に還るという考え方が残っています。1990年ごろまでは散骨は違法とみられていました。

しかし、近年厚生労働省の見解は節度がある限り、違法ではないとされています。少子化高齢化により墓地を守っていく事が難しくなり、多様な葬祭方法が認められてきたのです。過去のアンケートでは、日本人の大半が自然葬に肯定的であるという結果が出ています。散骨の場合特に手続きは不要です。

家族独自で散骨はできます。法要のあと骨を細かくして、故人が望んだ場所に骨を散骨すればよい事です。海、山、川など個人の希望を家族が受け止めて埋葬することになります。業者によっては海、空、山などの散骨を執り行っていることもあります。

海洋散骨の場合、海を見るたびに故人をしのぶことが出来るという思いから海洋散骨を希望する方も増えています。ただし、海外での自然葬は許可が必要な場合もあります。また散骨する遺灰や遺骨の一部をダイヤモンドにする方法も増えています。冷たいお墓の中に入れるのではなく、常に身の回りにつけていることで故人の存在を形見として残したいという思いです。

一般の葬儀にしろ自然葬にしろ故人をしのぶ気持ちは変わりません。残された遺族が哀しみを癒す一つの方法としても自然葬は有効だと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*