自分の意志を形にする自然葬

人は誰でも死を迎えますが、生前にどのような人生を送っても死ぬ時は誰でも同じです。死んだ後のことは生きている人に任せなければならないといわれますが、せめて死後に自分の意志を反映させ、自分の希望した死後にしたいという考え方が一般的になろうとしています。例えば、家族がいればお墓がある家が多く、いずれは墓参りをしているところへ自分が納骨されることになるでしょう。しかし、それが自分の意志とズレを感じる人も増えています。

死んだ後のこととはいえ、納骨されることを窮屈と感じたり、死んだ後のことだからこそ自由になりたいと考えるようです。自然葬という方法が注目されるようになったのは、このような死んだ後のことをどうするか、考えてしまうようなニュースが立て続いたことも要因の一つです。孤独死や遺品整理のニュースをみることで死を身近に感じ、自分の意志が反映されないのなら生前に自分で決めてしまおうということでしょう。それが、先祖代々の墓に入ることであればよいですが、自分の意志がそうではない場合に自然葬という形をとるようです。

自然葬は墓標をたてないことが原則ですが、自分の遺骨を自然に戻してくれるならそれが一番よいと考える人が意外と多いことがわかっています。自然葬の種類はいろいろありますが、一番人気は樹木葬です。花の種類も選べますし、周囲の環境や見晴らしも自分で選べますから、選択の自由という点では高い評価を受けているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*