魂が自然に還る自然葬について

人が亡くなったらお墓に納骨をし、残された家族が供養のために墓参りをするのが日本の一般的な弔い方法でした。しかし最近は魂が自然に還り、亡くなった人をいつでも身近に感じられるような自然葬が多くの人の注目を集めています。自然葬とは亡くなった人の遺骨を粉末状にし、海や山などの自然に散骨することでお墓が無くても空や風など自然を感じることで故人のことを思い返すことが出来るでしょう。自然葬を行うときは刑法や墓埋法などに触れないように遺骨だと分からないような状態で行わなければならず、散骨する場所選びも簡単ではありません。

そのため個人で行うよりは自然葬を専門に取り扱う業者に依頼をするのが現実的でしょう。自然葬を行うには遺族や親戚らの了承を受けてからでないと後々のトラブルを引き起こしかねないため、出来れば生前に本人を踏まえた話し合いを行っておくと安心です。自分が死んだ後に遺骨を散骨して欲しいと思っている場合は、専門業者との打ち合わせを予めしておき、生前予約のような形をとっておくと安心でしょう。お墓が無いことを寂しがる遺族や親戚がいるような場合は、充分な話し合いをして選択するのが大切です。

子供がいない、女の子ばかりで他家に嫁ぎ墓の守り手がいないというような場合にも、残された遺族に負担をかけない弔いの方法であるため、大自然の中に魂を還す弔いとして、これから先今よりも更に認知度や実際に行うケースは増えていくでしょう。喪服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*