樹木葬で自然に寄り添う

これまでの葬式よりかなりコンパクトになった家族葬や直葬などを選択する人もいる中で、大自然に帰ろうという思い出樹木葬を選ぶ人もいます。これも葬儀の一種で、遺骨を埋葬した所に樹木を植えてそれを墓標とする方法です。個人での利用や共同での利用がされることもあって、管理する霊園や墓地側で永代供養をしてくれるので、墓を作っても管理が大変だろうと案じている人にも利用がしやすい方法として注目されています。里山や公園型など地方や都市部などその土地に合った方法で樹木葬が行なわれていますが、遺骨は基本的には帰ってこないものと考えましょう。

樹木を墓標とするというその意味合いから、遺骨は直接埋葬したり時には土に分解されるタイプの骨壷を利用して埋葬を行なうことが多いので、自然に返すというのが原点となっていると思って下さい。近年は家族の形もどんどんコンパクトになってきているので、なるべくお墓も継承者不要を希望している人も少なくありません。そのニーズにも合うのが樹木葬であり、それだけでなく自然の一部となるためいつも故人を偲ぶことも出来ます。木は基本的に背の低い木を選ぶことが多いのですが、桜はとても人気があります。

それ以外であればハナミズキやサルスベリなどのよく見かける木を用います。自然葬の一つとしても樹木を使う葬儀として利用を検討している人も増えていますので、生前予約などもやってみたいと思うのなら、早めに相談して見るといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*