樹木葬が受け入れられている理由とは

樹木葬は自然葬の一つで、海に散骨する海洋葬と並んで注目されている埋葬の仕方です。通常納骨は菩提寺にて行いますが、樹木葬の場合はお寺ではなく、樹の根元に埋葬するというやり方です。お墓という概念にとらわれずに、自由にそして自然を感じながら、という思いや、自然に帰る、といった意味、残された家族にお墓の管理など負担をかけたくない、特定の宗教宗派がない、といったことなどから樹木葬を考える人が増えています。樹木葬といっても、どこにでも埋葬していいわけではありません。

埋葬法により、埋葬して良い場所が決められています。だいたいの場合は霊園か寺院となっており、寺院の中にもお墓でなく樹木葬のスペースを設けているところもあります。また、霊園はメモリアルパークとも呼ばれており、誰がいつきても自然を感じられ、やすらげるような空間を演出しています。メリットとしてはお墓を建立する料金やお寺に払うお金がない、檀家になる必要がない、将来無縁仏にならなくて良いといったこともあげられます。

また、自分の好きな樹を植えることもできます。小さな石碑を置くところがほとんどですので、お墓という意識がもて、違和感を感じることは少ないです。デメリットとしては一回埋葬してしまうと、取り出すことが難しいということ、親戚とのトラブルになる可能性があることがあげられます。樹の根元に骨壺ごと埋葬しますが、その骨壺は将来的には土にかえる素材でできていることがほとんどです。

そのため、取り出すことが難しくなるのです。こういった埋葬を考えたときはトラブルにならないように、家族以外の人にも相談をするように心がけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*