樹木葬とはどんな風に行なわれるのか

葬式の形も本当に様々なもので、最近は核家族化して墓の管理も大変になってきていたりすることもあって、いろんな葬儀の方法が出てきています。たくさんある中の一つで、樹木葬に注目が集まっていますが、何となく名前を見ているだけでも雰囲気が良さそうだと感じられる人も多いのではないでしょうか。どんな風に行なわれるのかとても気になるところだと思いますが、基本的には埋葬をした場所の上に樹木を植えることで墓標とするのが樹木葬です。どことなく映画や小説のワンシーンを思い出す人もいるかもしれませんが、大きく分けると二つの内容になります。

一つは里山を使って行なう方法ですが、こちらは自然にとても近く、木々を育てながら埋葬をするので里山の保全にも繋がると注目されています。もう一つは公園型で、こちらはシンボルになる木を植えてその周辺に埋葬をしていくやり方となります。都市部だとどうしても使える土地の広さが限られてきますので、公園型の方が多いのです。これまでのお墓は、次の世代へ受け継いでいくものでしたが樹木葬は個人葬となります。

その為、宗旨や宗派も問いませんし、継承者も問われません。殆どが永代供養となっているので、継承をどうするのかと悩むようなことがあるなら検討しても良いでしょう。生前予約も可能で、生前から木を育てていくというやり方を採用している所もありますから、自分や家族の葬儀の一つの手段として樹木葬もあると覚えて置くといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*