樹木葬を行う上で気を付けること

樹木葬とは一般のお墓にお骨を入れず、樹の下に骨壺を安置する新しい葬儀の形です。一般のお墓の場合、手入れが大変だったり、少子高齢化によりお墓にお参りに行かれなかったりと管理が大変ですが、樹木葬は霊園が管理していることもあり、手がかからず人気があります。また、宗教や宗派は関係がなく、どなたでも埋葬することができます。宗教にこだわりがない方、新しくお墓を作る方にも注目されています。

樹木葬を行う上で気を付けることは、どこにでもお骨を入れることはできない、ということです。法律があり、自分の庭にお骨を埋葬することはできません。決められた霊園や寺院でのみ埋葬することができます。そのため、樹木葬を考えている場合は取り扱っている霊園に問い合わせることが大事です。

また、大部分の霊園では自分の好きな樹か、霊園が用意した木の中から選ぶかのどちらかです。霊園によっては植えないでほしいという樹もあるので、あらかじめ考えておくと良いでしょう。また、樹木葬は他の方の骨壺も埋葬する合同葬のような形をとる場合もあります。その場合、シンボルツリーのまわりにちょっとした石碑などがおかれますので、お墓のイメージを損いませんが、人によっては受け入れられないこともあります。

残された遺族同士トラブルにならないよう、事前に親族に確認をしておく必要があります。埋葬場所は樹が多い、山沿いが多いです。住んでいるところより遠くなることもあるので、本当にその場所で良いのかよく考慮するようにします。喪服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*