気をつけておきたい葬儀の服装

家族や友人、知人など親しい人の訃報を聞くのはそれだけでもとても悲しいものです。葬儀の連絡などももらったら電報を打ったり決められた時間に出かけることとなるのですが、その時の服装や持ち物なども一度チェックしておくようにしましょう。ある程度の年齢の人であれば、着るものは何を選べばいいのか良く分かっているものの、年齢が若いと何をどうすればいいのかそもそも分からないという事も多いです。葬儀の場に相応しい服装としては、ブラックフォーマルという事で男性ならブラックスーツで、白シャツに黒無地のネクタイを選んで下さい。

女性でも黒のワンピースやアンサンブル、スーツを着用して肌を見せないようにしましょう。ストッキングや靴も黒いものを用意しましょう。アクセサリーや小物類に関しては、派手なものは外しておきましょう。バッグ類も黒いものを用意しておくといいでしょう。

男女共に結婚指輪以外のものはつけないようにします。子供に関してもどうしたらいいのかと思うものですが、学生で制服があるならそれを着用します。ない場合にはブレザーに白シャツ、黒のズボンやスカートなどを用意してあげて下さい。訃報を聞くと早く葬儀に行かなくてはと気持ちばかりが焦ってしまうものですが、適当な服装にしてしまうと相手を不快な思いにさせてしまうこともあります。

出かける前に家族できちんと服を見直してから、時間に間に合うように葬儀に参列できるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*