自分の葬儀に備えておく

どんなに健康に気を配っている人でも、いつかは死を経験してしまいます。自分が死ぬときのことなど考えたくない。と思うのが人間です。しかし、元気で生きている間に自分が死んだ後のことを考えておくのは賢明であるといえます。

たとえば、葬儀の手順に関してです。自分はどんなスタイルで葬儀を行ってほしいかを明確にしておきましょう。仏式で行いたいのか、キリスト教スタイルで行いたいのか、それとも家族だけの家族葬で行いたいのかを明確にしておきましょう。そして、どんなスタイルで行うかを決めたなら、亡くなった際に誰に連絡してほしいかリスト作成しておきましょう。

あらかじめリスト作成をしておくなら、残された遺族はすぐに故人の知り合いや友人に連絡をすることができるでしょう。また、葬儀の際に残された遺族たちが意外にも悩むのが葬儀に用いる故人の写真です。それで、用いる写真をきちんと用意しておきましょう。できれば、最近撮影したもので明るい表情のものが望ましいでしょう。

もし、最近撮影していないのであれば、写真スタジオに行って撮影してもらいましょう。また、準備できることとしては、葬儀にかかる費用です。全額すべて準備できないとしても、少しずつ貯金してある程度準備しておくなら、遺族たちも助かります。いろんなことが準備できたなら、決めたことを書面に記してそれを子供や信頼できる友人に預けるか、わかりやすいところに保管しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*