葬儀を家族だけで行う注意点とは

近頃では、多くの参列者を呼ぶことをせず、家族や本当に親しかった人のみで行うこぢんまりとした葬儀を選ぶ人が増えています。費用が掛からないこともメリットではありますが、義理で参列するのではなく、本当に故人とのお別れを惜しむ人たちだけで見送りたい、という人たちに選択されている葬儀の方法です。これを家族葬と呼んでいます。家族葬を行う際にはいくつか注意点があります。

だんだん浸透してきた葬儀の形ではありますが、実際に体験した人が少ないため、トラブルになる可能性が大きいのです。自宅で葬儀を行う場合では、火葬場へ行く際に霊柩車が来るなどした時、近所の人が「何も知らなかった!」ということでトラブルになる可能性があります。これは近くに住んでいない親戚なども同様のため、事前に「家族だけで葬儀を行う」ということを連絡しておくことが重要になります。また、身内でのトラブルになりかねないため、事前に家族の範囲をしっかりと決めてい置くことも重要です。

また通常は会社関係などから香典などを頂くこともありますが、家族葬の場合では受け取るのか、受け取らないのかも決めておくようにしましょう。貰った人、貰わないようにした人など、家族の中でも対応がまちまちになってしまうのもトラブルの原因となりかねません。故人との最後のお別れの機会です。トラブルが起きて後味の悪いお別れにならないように、事前にしっかりと対応を決めておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*